ネパール・ヒマラヤを行く

ヒマラヤを この目で見てみたい」。そんな願いは少年時代から持っていた。「ヒマラヤは大陸間衝突で海底が盛り上がり、数千メートルの高地から、アンモナイト化石が発見される」。ヒマラヤには地球創生のロマンが隠されている。「年間を通じてヒマラヤが一番美しく見えるのは乾期の1月でしょう」そう聞いて、1月早々ネパール・カトマンズに飛び立った。

 

ネパール首都カトマンズからヒマラヤの麓、ポカラに飛んだのは、国内航空30人乗り双発機。操縦していたのは、女性パイロット。男性中心世界ネパールにあって、最先端を行く女性もいる。

ポカラ随一のリゾートホテルに連泊。ヒマラヤ山脈の中でひときわ美しい山頂を持つマチャプチャレ。その素晴らしい偉姿を、何時間もじっと黙って仰ぎ、スケッチを続ける人生最高の瞬間。

幾つもの古き寺院を訪ねる。バスを降りるとすかさず物乞いが擦り寄って来る。生き神さまとして、今も蟄居生活にある「クリマの少女」。ヒンズー 神秘の世界にどっぷり遣りうごめく人々。ネパールの雄大な大自然の美しさとは対照的に 今も貧困生活を生き抜く人々の群れ。ネパール・ヒマラヤは混沌としたカオスの中に今もある。



山の急激な天候変化という条件にも強い写真の迫力は 矢張りすごい。 


ここをクリックすると表紙に戻れます


ネパール・ヒマラヤを行く


機内で「死ぬまでに行きたい100箇所」を読む

機内から見えたヒマラヤ山脈

ヒマラヤを背景にネパール西川尚武

赤く燃えたヒマラヤ大山系

遠くヒマラヤを仰ぐ

ホテルで楽しむネパールの踊り

ネパールの山より田園を見下ろす

ネパールの市内でたたずむ露天商

ネパールの目が光る寺院屋上

カトマンズの巫女が住む住居

カトマンズホテルにて西川尚武

ネパールの巫女が首を出す窓




旅スケッチこぼれ話 第10話  3つの最貧国を訪ねて思うこと


リーダの太田技術士はモンゴルカシミヤ産業育成に携わってきた技術士。首都ウランバートルから僻地ゴビ砂漠へは、特別寝台列車を4日間も借り切って、まさに国家VIP待遇。砂漠の真ん中には、恐竜の実物化石がごろごろ転がっている。モンゴルには大自然がある、

砂漠の朝、ゲルから日の出を見る。全員が無言で立ち尽くす。大自然はなんて美しいのだ。エーデルワイスを始め高山植物が草原に群生している。国民の3分の1は、首都に集中し、このままでは首都はスラム化していく。太田技術士の役目は大きい。


モンゴルに続いて、世界最貧国ブータンを訪問。

世界最貧国でありながら、国民幸福度は98%の秘境王国ブータン。1000mにも満たない滑走路だけが、この国の唯一の直線道路。中高年では無理と言われた3千mの絶壁に建つタクツアン僧院にも登頂。今も「夜這い」が結婚の前提といわれる農民の生活文化。しかし消費快楽の刺激を与え続けていけば、ブータン国民は宗教的克己心だけでこの質素な生活に満足していけるかどうか。

ヒマラヤを この目で見てみたい」。ヒマラヤには地球創生のロマンが隠されている。「年間を通じてヒマラヤが一番美しく見えるのは乾期の1月でしょう」そう聞いて、1月早々ネパール・カトマンズを訪問。幾つもの古き寺院を訪ねる。バスを降りるとすかさず物乞いが擦り寄って来る。ヒンズー 神秘の世界にどっぷり遣っているネパールの人々。ネパールの雄大な大自然と 今も貧困生活にうごめく人々の群れ。

モンゴル、ブータン、ネパール こうした貧しい国々を訪問するたびに、日本に生きる嬉しさ、悦びが身にしみる。こんな生活感情は50年前初めて文革直後の中国訪問時にも実感。しかし今中国は日本を抜いてものすごいお金持ちの国になってしまった。

ここをクリックすると、ホームページに戻れます